卵巣がん (がんの種類)

卵巣がんの検査と診断

卵巣がんが疑われた場合、がんの可能性が高いかどうか、がんである場合はどの程度広がっているかを調べるための検査として、内診、直腸診、超音波検査、CT、MRIなどがあります。卵巣がんは、良性の卵巣腫瘍と鑑別が難しく、手術して組織を顕微鏡で調べる病理検査をすることで診断が確定されます。

内診・直腸診
子宮や卵巣の状態を膣から指を入れて調べます。また、直腸やその周囲に以上がないかをお尻から指を入れて調べます。
超音波(エコー)検査
超音波を体の表面にあて、臓器から返ってくる反射の様子を画像にする検査です。痛みもなく、放射線の被曝もないです。膣の中から超音波をあてて調べる場合もあります。卵巣腫瘍の性状をみたり、腫瘍と周囲の臓器との位置関係や他の臓器やリンパ節への転移の有無を調べます。
CT、MRI検査
CTは、Ⅹ線を使って体の内部(横断面)を描き出し、治療の前にがんの性質や分布、転移や周囲の臓器への広がりを調べます。MRIは磁気を使った検査である。CTやMRIで造影剤を使用する場合、アレルギーが起こることがあるので、以前に造影剤のアレルギーの経験のある人は医師に申し出る必要があります。
腫瘍マーカー(血液検査)
腫瘍マーカーとは、体のどこかにがんが潜んでいると異常値を示す血液検査項目です。卵巣がんの場合、がんの可能性の評価や転移・再発の評価指標として、また治療の効果判定などのためにも用いられています。卵巣がんではCA125と呼ばれるマーカーが代表的です。しかし、卵巣がんであっても腫瘍マーカーに異常が認められない場合もあります。また、治療効果や転移、再発の評価には腫瘍マーカーの推移が重要です。


■よく検索されるキーワード

卵巣癌検診   卵巣癌 症状   卵巣癌 検診 費用   卵巣がん 症状   卵巣がん 転移

戦国武将とがん

書評

がんの種類