子宮頸がんとは|検査や治療、ステージなど

子宮頸がん

子宮頸がんとは

子宮がんは、子宮体がんと子宮頸がんに分けられる。子宮体がんは子宮内膜がんとも呼ばれ、胎児を育てる子宮体内部の内側にある子宮内膜から発生する。一方、子宮頸がんは、子宮の入り口の子宮頸部と呼ばれる部分から発生する。子宮の入り口付近で発生することが多いので観察や検査がしやすいため、発見しやすいがんである。また、早期に発見すれば比較的治療しやすく、予後のよいがんといえる。

子宮頸がんの発生には、その多くにヒトパピローマウイルス(HPV:Human Papilloma Virus)の感染が関連しているとされていて、患者さんの90%以上からHPVが検出されている。また喫煙も子宮頸がんの危険要因であることがわかっている。子宮頸がんは30歳代後半~40歳代に多く発症するが、最近は若い女性で増えている傾向にある。

子宮頸がんは、異形成という前がん状態を経てがん化することが知られており、本物のがん細胞に進行する前に正常でない細胞(異型細胞というがんになる前の細胞)の状態を細胞診というスクリーニングの検査で見つけることができる。つまり、無症状のときから婦人科の診察や集団検診などで早めに発見することが可能である。検診を受けておらず、生理でないときや性行為の際に出血したりふだんと違うおりものが増える、生理の量が増えたり長引くなど気になる症状があるときは、早めに受診することが早期発見につながる。

最近では、子宮頸がんの発生が若い人に増えていることや、晩婚化に伴い妊娠年齢が上昇していることから、妊娠中にがんが発見される機会も多くなっている。がんが早期であれば、妊娠継続とがん治療を両立させることが可能な場合もあるが、進行がんでは、母体の救命を優先させる治療を行うこともある。パートナー(配偶者・恋人)とのコミュニケーションを十分にとり、お互い納得して治療方針を決めることが大切であり、また、担当医と十分に話し合って慎重に治療を選択する必要がある。

子宮がん死亡者数


子宮頸がんの検査と診断

がん検診のときは通常細胞診のみを行うが、細胞診の結果がんが疑われたときには、精密検査として組織診、コルポスコープ診を行う。がんの広がりをみる検査としては、内診、直腸診、超音波検査、CT、MRIなどがある。また膀胱鏡、直腸鏡、尿路検査などが行われることもある。

細胞診
子宮の入り口付近を綿棒、ブラシ、またはヘラのようなものでこすって細胞を取り、顕微鏡で正常な細胞かどうかを確認する。通常、痛みは軽い。
組織診
細胞診で異常があった場合は、疑わしい部分から小さな組織を切り取って顕微鏡で診断(組織診)する。子宮頸がんであることの確定診断に用いる。痛みを感じたり、出血することがある。
コルポスコープ診
コルポスコープという拡大鏡で子宮頸部の粘膜表面を拡大して細かい部分を観察する。通常、組織を採取する際にはコルポスコープで異常が疑われる部位に狙いを定めて採取する。
超音波(エコー)検査
超音波を体の表面にあて、臓器から返ってくる反射の様子を画像にする検査。痛みもなく放射線の被曝もない。膣の中から超音波をあてて調べる場合もある。子宮頸がんの性状をみたり、腫瘍と周囲の臓器との位置関係や他の臓器やリンパ節への転移の有無を調べる。
CT、MRI検査
CTは、Ⅹ線を使って体の内部(横断面)を描き出し、治療の前にがんの性質や分布、転移や周囲の臓器への広がりを調べる。MRIは磁気を使った検査である。CTやMRIは、肺、肝臓などの遠隔臓器への転移の有無、リンパ節転移の診断、周囲臓器への浸潤の程度の診断に威力を発揮する。造影剤を使用する場合、アレルギーが起こることがあるので、以前に造影剤のアレルギーの経験のある人は医師に申し出る必要がある。

子宮頸がんの病期(ステージ)

病期とは、がんの進行の程度を示す言葉で、英語をそのまま用いてステージともいう。説明などでは、「ステージ」という言葉が使われることが多い。病期には、ローマ数字が使われる。がんの大きさだけではなく、粘膜内にがんがどの程度深く入っているか、リンパ節転移や肺などの遠隔臓器への転移があるかどうかで、0期、Ⅰ期(Ⅰa;Ⅰa1、Ⅰa2、Ⅰb;Ⅰb1、Ⅰb2)、Ⅱ期(Ⅱa、Ⅱb)、Ⅲ期(Ⅲa、Ⅲb)、Ⅳ期(Ⅳa、Ⅳb)に分類されている。

~子宮頸がんの病期~
■0期 または上皮内がん非常に早期のがんで上皮と呼ばれる表面の層内にとどまっている
■Ⅰ期 がんが子宮頸部のみに認められ、他に広がっていない(子宮体部への浸潤は考えない)
Ⅰa期
組織学的にのみ診断できる浸潤がんで間質浸潤の深さが5㎜以内、縦軸方向広がりが7㎜を超えないもの
Ⅰa1期
組織学的にのみ診断できる浸潤がんで間質浸潤の深さが3㎜以内、
縦軸方向広がりが7㎜を超えないもの
Ⅰa2期
組織学的にのみ診断できる浸潤がんで間質浸潤の深さが3㎜を超えるが5㎜以内、広がりが7㎜を超えない。しかし子宮頸部腺癌では、Ⅰa1a2期を分類しない。
(腺癌:がん細胞が腺様構造で腺腔を持つもの)
Ⅰb期
臨床的に明らかな病変が子宮頸部に限局するもの、また臨床的に明らかではないがⅠa期を超えるもの
Ⅰb1期
病変が4㎝以内のもの
Ⅰb2期
病変が4㎝を超えるもの

子宮頸がんは、病気が上皮と呼ばれる表面の層のみにとどまる段階(0期)で発見すれば治る可能性が極めて高いがんであり、子宮頸部を一部切除し、子宮本体を残すこともできる。

■Ⅱ期 がんが子宮頸部を越えて広がっているが、骨盤壁または膣壁の下1/3には達していないもの
Ⅱa期
がんが膣壁に広がっているが、子宮頸部の周囲の組織には広がっていないもの
Ⅱb期
がんが膣壁に広がっているが、骨盤壁まで達していないもの
■Ⅲ期 がんは骨盤壁まで達するもので、がんと骨盤壁との間にがんでない部分を持たない、
または膣壁の浸潤が下方部1/3に達するもの
Ⅲa期
がんの膣壁への広がりは下方部分の1/3に達するが、子宮頸部の周囲の組織への広がりは骨盤壁にまでは達していないもの
Ⅲb期
がんの子宮頸部の周囲の組織への広がりが骨盤壁にまで達しているもの、または腎臓と膀胱をつなぐ尿管ががんでつぶされ、水腎症となったり腎臓が無機能になったもの
■Ⅳ期 がんが小骨盤腔を越えて広がるか、膀胱・直腸の粘膜に広がっているもの
Ⅳa期
膀胱や直腸の粘膜へがんが広がっているもの
Ⅳb期
小骨盤腔を越えて、がんの転移があるもの

治療法

手術(外科療法)

<特徴>

がん病巣を手術で除去する療法で、原発巣だけでなく、他の部位に転移した転移巣も取り除きます。がんそのものを外科手術で除去する局所療法です。がんの治療法として最も基本的な治療法です。
手術(外科療法)の詳細についてはこちら

抗がん剤(化学療法)

<特徴>

化学物質(抗がん剤)を利用してがん細胞の増殖を抑え、がん細胞を破壊する治療法です。全身のがん細胞を攻撃・破壊し、体のどこにがん細胞があっても攻撃することができる全身療法です。
抗がん剤(化学療法)の詳細についてはこちら

免疫細胞療法

<特徴>

身体の免疫を担う本人の細胞を体外で大量に数を増やし、機能を増強あるいは付加した上で体内に戻して行われる治療法です。上記の三大治療法に対して、近年注目されてきている、副作用がほとんど確認されていない先進的ながん治療法で、目に見えないがんや転移防止に有効な全身療法です。
がんに対する抗がん剤などの積極的な治療は行わず、症状などを和らげる治療に徹する
ベスト・サポーティブ・ケア(BSC)の選択肢の一つです。
免疫療法は副作用が少ないため、症状の緩和やQOLを高めることにつながります。
免疫細胞療法の詳細についてはこちら

放射線療法

<特徴>

腫瘍の成長を遅らせるために、あるいは縮小させるために放射線を使用する治療法です。がんに侵された臓器の機能と形態の温存が出来ますまた、がんの局所療法であるため、全身的な影響が少なく、高齢者にも適応できる患者にやさしいがん治療法です。
放射線療法の詳細についてはこちら

陽子線治療

<特徴>

通常のX線の放射線治療ではがん局部の周囲の正常な細胞も傷つけてしまいますが、陽子線治療はがん局部だけを照射して周囲の正常な 細胞が傷つくことをより抑えることができます。また、痛みもほとんどなく、1日15~30分程度のため、身体への負担が少ない治療です。1日1回、週 3~5回行い、合計4~40回程度繰り返します。
陽子線治療についてはこちら

重粒子線治療

<特徴>

陽子線治療と比べて、さらにがん局部を集中的に治療が可能となります。がん細胞の殺傷効果は陽子線治療の2~3倍大きくなります。 進行したがんは低酸素領域がありますが、このようながんでも治療が可能です。また、X線では治療が難しい深部にあるがんの治療も可能です。治療は1日1 回、週3~5回行い、合計1~40回程度繰り返します。平均では3週間程度の治療になります。1回当たり、15〜30分の治療時間になります。
重粒子線治療についてはこちら

■よく検索されるキーワード

子宮頸癌検診   子宮頸癌 症状   子宮頸癌 検診 費用   子宮頸がん 症状   子宮頸がん 転移

戦国武将とがん

書評

がんの種類