すい臓がん (がんの種類)

すい臓がんの検査と診断

すい臓がんの診断とがんの広がりを調べるために、腹部超音波、CT、MRI、MRCP(場合によってはERCP)などのいくつかの検査を病状などに合わせて行う。

腹部超音波(エコー)検査

漠然とした消化器症状がある人に対しては、まず腹部超音波検査や内視鏡、胃のX線検査などを行い、胃炎、胃潰瘍、胆石などの一般的な消化器の病気がないかどうかを調べる。腹部超音波検査ではすい臓を観察することもできるが、患者さんの体型や状態、部位によっては見えにくいこともある。

CT、MRI検査

腹部超音波検査で異常が疑われる場合、あるいは異常がはっきりしない場合でも症状や血液検査などのデータからすい臓や胆管などに病気のある可能性があれば、CTやMRIなどさらに精密な検査に進む。CTは、X線で体の内部を描き出し、病変の状態や周辺の臓器へのがんの広がり、転移の有無を調べる。病変を詳しくみるため、通常、造影剤を使いながら撮影する。MRIは磁気を使用する。特に最近は画像の分解能力に優れたマルチスライスCTなどの新しい画像診断が行われるようになってきた。造影剤を使用する場合、アレルギーが起こることがあるので、ヨードアレルギーの経験のある人は医師に申し出る必要がある。

超音波内視鏡検査(EUS)

異常のある部分を詳細に調べるために、超音波装置のついた内視鏡を入れて、胃や十二指腸の中から、すい臓などの臓器に超音波をあてて、病変の状態や周囲への広がりなどをみる方法である。体外からの超音波検査に比べて、より詳細な観察が可能になる。

内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP)

内視鏡を口から入れて、十二指腸まで送り込み、その中にカテーテル(細い管)を入れて膵管まで通す。そこに造影剤を入れてX線撮影を行う検査。膵管の中に超音波装置を挿入する膵管内超音波検査(IDUS)や膵管内の細胞を採取する検査が行われることもある。合併する黄疸や胆管炎に対する治療として行われることもある。ただし、これらの検査は膵炎などの合併症を起こすことがあります。

MR胆管膵管撮影(MRCP)

最近はMRIを使って胆管や膵管の状態を調べるMR胆管膵管撮影(MRCP)もよく行われる。内視鏡や造影剤を使わずに、ERCPの画像を得ることができ、患者さんの負担が少ないので、ERCPの代用としてMRCPを行うことが多くなってきている。

PET

放射性ブドウ糖液を注射し、その取り込みの分布を撮影することで、全身のがん細胞を検出する検査。最近、すい臓がんの発見のために行われるようになっている。

血管造影検査

場合によっては、足の付け根の動脈から細い管を差し込んで、すい臓やその周辺に向かう動脈に造影剤を入れて、血管の状態や病期による変化を調べる。

経皮経肝胆道造影(PTC)

黄疸があるときに行う検査で、肝臓や胆管をX線撮影する。わき腹の皮膚の上から直接肝臓を貫いて胆管に針を刺し、その針を通じてチューブを胆管に挿入する。そこから造影剤を入れて胆管がどこで詰まっているかを調べる。

腫瘍マーカー検査

腫瘍マーカーとは、体のどこかにがんが潜んでいると異常を示す血液検査の項目のことで、がんの種類に応じて多くの種類がある。すい臓がんでは、CEA、CA19-9、Span-1、DUPAN-2などがあるが、必ずしも早期にすい臓がんを発見できるわけでない。