すい臓がん (がんの種類)

すい臓がんとは

すい臓にできるがんのうち90%以上は、膵管の細胞にできる。これをすい臓がんといい、すい臓がんは、通常この膵管がんのことを指す。すい臓は洋ナシを横にしたような形をしているが、膵管はこの細長いすい臓を貫いて網の目のように走る細い管である。

すい臓は、食物の消化を助ける膵液をつくる(外分泌)、インスリンやグルカゴンなど血糖値の調節に必要なホルモンを産生する(内分泌)という2つの役割を果たしている。膵液は膵管によって運ばれ、主膵管という1本の管に集まり、肝臓から膵頭部の中に入ってくる総胆管と合流し、十二指腸乳頭へ流れる。

なお、すい臓の右側のふくらんだ部分は膵頭部、左側の幅の狭いほうの端は膵尾部、真ん中は膵体部と呼ばれる。手術するときは、がんのある位置や広がりによって、これらのどこを切除するかが決められる。

すい臓がんを起こす危険因子としては、糖尿病、慢性膵炎、喫煙などがあげられている。これらのうち、喫煙は確立した危険因子である。

すい臓がんは、早い段階では特徴的な症状はない。すい臓がんの方が受診した理由を調べてみると、胃のあたりや背中が重苦しいとか、何となくおなかの調子が悪い、食欲がない、体重が減ったといった漠然とした症状が多いようである。すい臓がんに関連のある症状として、がんで胆管が詰まると皮膚や白目が黄色くなる黄疸が出ることがある。黄疸が出ると体がかゆくなったり、尿の色が濃くなることもある。また、すい臓にがんができると糖尿病が急激に悪化する、血糖のコントロールが悪くなるということもある。

すい臓がんは、腹痛などの理由で受診される場合が多いが、すい臓はおなかの深いところにあり、胃や十二指腸、小腸、大腸、肝臓、胆のう、脾臓などの後ろに隠れているので、すい臓がんを意識して検査をしないと発見しにくいがんである。どの部位も同様だが、すい臓がんは早期発見が重要。とはいえ、進行も早く、消化器がんの中でも手ごわいがんの1つといえる。


すい臓がんの病期(ステージ)

病期とは、がんの進行の程度を示す言葉で、英語をそのまま用いてステージともいう。説明などでは、「ステージ」という言葉が使われることが多い。病期には、ローマ数字が使われ、すい臓がんでは、Ⅰ期、Ⅱ期、Ⅲ期、Ⅳ期に分類されている。病期は、がんの大きさや広がり、リンパ節や他の臓器への転移があるかどうかによって決まる。

基本的に病期によって治療方法が選択されるが、必ずしも治療前のステージが正しいとは限らない。手術を行って摘出した組織の検査結果が、術前の病期診断と必ずしも一致しないこともあるため。その場合は、組織検査の結果に従ってその後の治療を選択する。

すい臓がんの病気(ステージ分類)には、日本すい臓学会が刊行している「膵癌取扱い規約」と国際的なUICC分類の両方が使われている。どちらもⅠ期、Ⅱ期、Ⅲ期、Ⅳ期に分類されているが、内容は多少異なっている。