胃がんとは|検査や治療、ステージなど

胃がんとは

胃がんは、胃の壁の最も内側にある粘膜内の細胞が、何らかの原因でがん細胞になって無秩序に増殖を繰り返すがんである。胃がん検診などで見つけられる大きさになるまでには何年もかかるといわれていて、大きくなるに従い、がん細胞は胃の壁の中に入り込み、外側にある漿膜やさらにその外側まで広がり、近くにある大腸や膵臓にも広がっていく。がんがこのように広がることを浸潤という。

がん細胞は、リンパ液や血液の流れに乗って他の場所に移動し、そこで増殖することもある。これを転移という。最も多い胃がんの転移は、「リンパ節転移」で、リンパの関所のような「リンパ節」で増殖する。これは、早期がんでも起こることがある。また、進行がんの一部では、腹膜や肝臓にも転移がみられる。

特殊な胃がんとして、胃壁の中で広がって粘膜の表面には現れない「スキルス胃がん」がある。診断がついた時点で60%の患者さんに転移がみられる。

胃がんは進行の程度にかかわらず、症状が全くない場合もある。逆に早い段階から胃痛、胸焼け、黒い便がみられることもある。これらの症状は胃炎や胃潰瘍などにもみられる症状である。定期的な検診を受けることはもちろん、症状が続くときには早めに受診することが、胃がんの早期発見につながる。

診断や治療の進歩により、胃がんは治りやすいがんの1つといわれている。胃がんの治療は、胃がんの大きさや広がりなどによって細かく決められているが、進行した状況で発見された場合は、治療が難しいこともある。

胃がんにかかる人の傾向は40歳以降に顕著になる。胃がんにかかる人の数は高齢化のために全体数は横ばいだが、一昔前の同年代の人々に比べると、男女とも大きく減ってきている。がんで亡くなった人の数では、2004年時点で男性は第2位、女性は第1位となっているが、統計的にみると死亡率は減少してきている。

胃がん死亡者数


胃がんの検査と診断

胃がんが疑われるときには、胃の内視鏡検査やの胃Ⅹ線検査を行う。
胃がんの広がりを調べる検査としては、胸部X線、腹部超音波(エコー)、CT、直腸検査などを行うこともある。

胃Ⅹ線検査(バリウム検査)

バリウムを飲んで、X線で胃の形や粘膜(しわ)の状態を見る。途中で発泡剤を飲んで胃を膨らませる。
検査中はげっぷを我慢すること。

内視鏡検査

ファイバースコープで胃の内部を直接見て、がんが疑われる場所の広がりや深さを調べる検査。以前は胃カメラと呼ばれていた。がんが疑われる場所の組織の一部を採って、がん細胞の有無を調べる病理検査もする。

直腸検査

お尻からバリウムと空気を注入し、大腸の形をX線写真で確認する検査。胃のすぐ近くを通っている大腸にがんが広がっていないか、腹膜転移が生じていないかなどを調べる。検査中に大腸の中に空気が入ると、下腹部の張り感を強く感じることがある。
胃がんの腹膜転移とは、がんが胃の外側にこぼれ落ちて、肝臓、腸、膀胱、卵巣などを包んでいる腹膜(漿膜)に付いて増殖した状態。腹水がたまったり、腸が狭窄を起こすこともある。

胃がんの病期(ステージ)

病期とは、がんの進行の程度を示す言葉で、英語をそのまま用いてステージともいう。説明などでは、「ステージ」という言葉が使われることが多い。病期には、ローマ数字が使われ、胃がんでは、Ⅰ期(ⅠA、ⅠB)、Ⅱ期、Ⅲ期(ⅢA、ⅢB)、Ⅳ期に分類されている。病期は、がんの胃の壁の中にどのくらい深くもぐっているのか(深達度)、リンパ節や他の臓器への転移があるかどうかによって決まる。病期により治療方法が決まっている。

がんの深さが粘膜下層までのものを「早期胃がん」、深さが粘膜下層を越えて固有筋層より深くに及ぶものを「進行胃がん」という。がんが胃の壁の内側から外側に向かって深く進むに従い、転移することが多くなる。病期は治療前の検査によって決まるが、手術のときに転移などが見つかれば変更されることもある。

~表と図で説明~

治療法

手術(外科療法)

<特徴>

がん病巣を手術で除去する療法で、原発巣だけでなく、他の部位に転移した転移巣も取り除きます。がんそのものを外科手術で除去する局所療法です。がんの治療法として最も基本的な治療法です。
手術(外科療法)の詳細についてはこちら

抗がん剤(化学療法)

<特徴>

化学物質(抗がん剤)を利用してがん細胞の増殖を抑え、がん細胞を破壊する治療法です。全身のがん細胞を攻撃・破壊し、体のどこにがん細胞があっても攻撃することができる全身療法です。
抗がん剤(化学療法)の詳細についてはこちら

免疫細胞療法

<特徴>

身体の免疫を担う本人の細胞を体外で大量に数を増やし、機能を増強あるいは付加した上で体内に戻して行われる治療法です。上記の三大治療法に対して、近年注目されてきている、副作用がほとんど確認されていない先進的ながん治療法で、目に見えないがんや転移防止に有効な全身療法です。
がんに対する抗がん剤などの積極的な治療は行わず、症状などを和らげる治療に徹する
ベスト・サポーティブ・ケア(BSC)の選択肢の一つです。
免疫療法は副作用が少ないため、症状の緩和やQOLを高めることにつながります。

<対象となるがん>
かなり進行してしまっている方から比較的に早期に手術ができた後に再発を抑えることを目的とした方まで広く対象となります。血液がんを除く多くのがん種に適応できます。

<副作用>
もともと患者自身の細胞を利用するので、他の治療と比べると副作用が極めて少なく、身体への負担が軽い治療法と言えます。

<活性化リンパ球療法>
体内のリンパ球を活性化させ増やして、それを治療に使う方法で、免疫細胞療法の一つです。体内のリンパ球を一度体外へ出し、そこで活性化させてからふたたび体内へ戻します。がんの初期の段階から、再発予防を目的とした選択肢として期待の持てる治療法です。
活性化リンパ球療法の詳細についてはこちら
※白山通りクリニックのWEBサイトに移動します。

<併用療法>
活性化リンパ球療法を抗がん剤や放射線治療と組合せ行えば、増加しやすい細胞と増え難い細胞ともに治療のターゲットとなりますので、再発予防の際に効果的です。副作用を出来るだけ少なくできますので、QOLの維持・向上がしやすいです。
なお、抗がん剤や放射線治療と、活性化自己リンパ球療法を組合せて行う場合は、抗がん剤治療を受けているケースでは培養ができないわけではありませんが、抗がん剤治療を始める前に採血する方がより望ましいと考えられています。
併用療法の詳細についてはこちら

放射線療法

<特徴>

腫瘍の成長を遅らせるために、あるいは縮小させるために放射線を使用する治療法です。がんに侵された臓器の機能と形態の温存が出来ますまた、がんの局所療法であるため、全身的な影響が少なく、高齢者にも適応できる患者にやさしいがん治療法です。
放射線療法の詳細についてはこちら

陽子線治療

<特徴>

通常のX線の放射線治療ではがん局部の周囲の正常な細胞も傷つけてしまいますが、陽子線治療はがん局部だけを照射して周囲の正常な 細胞が傷つくことをより抑えることができます。また、痛みもほとんどなく、1日15~30分程度のため、身体への負担が少ない治療です。1日1回、週 3~5回行い、合計4~40回程度繰り返します。
陽子線治療についてはこちら

重粒子線治療

<特徴>

陽子線治療と比べて、さらにがん局部を集中的に治療が可能となります。がん細胞の殺傷効果は陽子線治療の2~3倍大きくなります。 進行したがんは低酸素領域がありますが、このようながんでも治療が可能です。また、X線では治療が難しい深部にあるがんの治療も可能です。治療は1日1 回、週3~5回行い、合計1~40回程度繰り返します。平均では3週間程度の治療になります。1回当たり、15〜30分の治療時間になります。
重粒子線治療についてはこちら

再発予防

がんの再発予防のために行われる治療法としては薬物療法、術後補助療法、免疫療法という主に3つの術後補助療法があります。再発予防に当たってはできるだけ副作用がない方が良いと考えられておりますが、免疫療法の活性化自己リンパ球療法は副作用が非常に少ない治療法です。
再発予防についてはそれぞれの治療に特徴がありますので、積極的に情報を集め、主治医と相談して、治療法を選択することが大切です。
再発予防についてはこちら

治療実績

2013年に厚生労働省行った「DPC導入の影響評価に関する調査」に基いた治療実績の情報になります。
胃の悪性腫瘍の治療実績についてはこちら

コラム

戦国武将と癌

歴史上の人物の病気や死因などを診断します。

この記事を見た人はこの記事も見ています

治療費 (予防と治療)
がんの治療は発生した部位や治療方法の選択によって異なるため、治療費の負担を軽くするための制度を紹介します。

社会活動・補助 (心と生活に関して)

高額療養費貸付、傷病手当金、医療費控除、小児慢性疾患医療費助成制度などの補助制度をご紹介します。

医師との付き合い方 (心と生活に関して)
治療方針を決める際の主治医とのコミュニケーションやセカンド・オピニオンについてご紹介します。

がんの不安 (心と生活に関して)
がんの告知を受けると様々な不安と戦うことになるので、患者本人や家族の具体的な不安をご紹介します。

■よく検索されるキーワード

胃がん初期症状   胃がん検診   胃がん 原因   胃癌 ガイドライン   胃がん 食事

戦国武将とがん

書評

がんの種類