食道がんとは|検査や治療、ステージなど

食道がんとは

食道はのどと胃をつなぐ長さ約25㎝、太さ2~3㎝、厚さ約4㎜の管状の臓器で、食べ物が通りやすいように内側が粘液を分泌する粘膜でおおわれている。食道がんは、この粘膜の表面にある上皮から発生する。日本では、食道がんの90%以上が扁平上皮癌というがんだが、欧米では腺癌というがんが増加しており、そのほとんどは胃の近くの食道下部に発生する。日本でも、生活習慣の欧米化によって、今後、腺癌が増えることが予想される。

食道がんにかかる率(罹患率)や食道がんによる死亡率は、ともに40歳代後半以降に増加し始める傾向にある。また、女性よりも男性に多いがんである。発生の危険因子(リスクファクター)としては、喫煙や大量の飲酒が明らかになっている。特に扁平上皮がんでは、喫煙と飲酒が相乗的に作用してリスクが高くなることも指摘されている。また、熱い飲食物がリスクを上昇させるという研究結果も多く報告されている。腺癌では、食べ物や胃液などが胃から食道に逆流する「胃・食道逆流症」に加え、肥満で確実にリスクが高くなるとされている。

日本人の食道がんの約半数は胸の中の食道の真ん中付近から発生し、4分の1は食道の下部に発生している。
粘膜上皮から発生したがんは、大きくなるにつれて食道外膜に向かって広がっていく。食道の周囲には、気管・気管支や肺、大動脈、心臓など重要な臓器が近接しているので、がんが大きくなるとこれらの臓器に広がっていく。これを浸潤という。腹部や首のリンパ節、他の臓器などに転移することもある。

食道がんは初期症状がないことが多く、検診や人間ドックのときに発見されることが20%近くある。症状としては、がんの進み具合によって異なるが、食べ物を飲み込んだときに胸の奥が痛む、熱い物を飲み込んだときにしみる、食道で食べ物がつかえる、体重が減少する、胸や背中が痛む、むせるようなせきや血の混じったたんが出る、声がかすれるなどがある。定期的な検診を受けることはもちろん、症状が続くときは早めに消化器科を受診することが大切。

食道がんの標準治療は手術だが、病状によっては食道を切除しない化学放射線療法(放射線治療+抗がん剤治療)でも手術とほぼ同等の効果が得られたという報告もあり、そのような治療法を選択することにより生活の質(QOL:クオリティ・オブ・ライフ)の向上が期待されている。

平成25年人口動態統計(厚生労働省)


食道がんの検査と診断

食道がんが疑われると、一般にⅩ線による食道造影検査と内視鏡検査を行う。食道がんの広がりを調べる検査としては、CT、MRI、超音波内視鏡検査、超音波検査がある。

食道造影検査(X線検査)

バリウムを飲んで、食道を通過するところをX線で撮影する。
がんの場所や大きさ、食道の狭さなどの全体像を見ることができる。

内視鏡検査

管の先端に小さなカメラを搭載した内視鏡(ビデオスコープ)を食道に挿入し、直接、消化管粘膜や病変を観察する。
病変の位置や大きさだけでなく、病変の数、広がり、表面の形状(凹凸)、色調などから病変の進行度を判断することができる。食道を特殊な薬品(色素・染色液)を用いて詳細に調べたり、がんが疑われる場所の組織を採取して、がん細胞の有無を調べる病理検査で確定診断される。

CT、MRI検査

CTは、Ⅹ線を使って体の内部(横断面)を描き出し、治療前に転移や周辺の臓器へのがんの広がりを調べる。
食道造影検査で認めた病変の長径の広がりも見る。MRIは磁気を使用する。食道の周囲には、気管・気管支や肺、大動脈、心臓など極めて重要な臓器があるが、CTはこれらの臓器とがんの関係を調べることもできる。造影剤を使用する場合、アレルギーが起こることがある。ヨードアレルギーの経験のある人は医師に申し出る必要がある。

超音波内視鏡検査

内視鏡の先端についた超音波装置を用いて、がんがどの程度深くに及んでいるか、食道の外側にあるリンパ節が腫れていないか(リンパ節転移の有無)などについてより詳細な情報を得ることができる。

超音波(エコー)検査

体表から観察する超音波検査は、腹部と首(頸部)に行い、肝臓や腹部リンパ節への転移、頸部リンパ節への転移の有無を検索する。頸部食道がんの場合は、主な病巣と気管、甲状腺、頸動脈など周囲臓器との関係を調べるために行う。

腫瘍マーカー検査

腫瘍マーカーとは、がんの存在により異常値を示す血液検査の項目のことで、がんの種類に応じて多くの種類がある。
食道がんの腫瘍マーカーとしては、扁平上皮癌ではSCCとCEAで、腺癌ではCEAです。進行したがんの動きを把握するために使用される。しかし、がんがあっても異常値を示さないこともある。

PET

放射性ブドウ糖液を注射し、その取り込みの分布を撮影することで、全身のがん細胞を検出する検査。他の検査で転移・再発の診断が確定てきない場合に行うことがある。

食道がんの病期(ステージ)

病期とは、がんの進行の程度を示す言葉で、英語をそのまま用いてステージともいう。説明などでは、「ステージ」という言葉が使われることも多い。病期には、ローマ数字が使われ、0期、Ⅰ期、Ⅱ期、Ⅲ期、Ⅳ期に分類されている。病期はがんがどこまで広がっているか(T:原発腫瘍 primary Tumor)、リンパ節転移があるかどうか(N:所属リンパ節 regional lymph Nodes)、他の臓器への転移があるかどうか(M:遠隔転移 distant Metastasis)で決まる。これをTNM分類といい、各因子の組み合わせにより、病期が決まる。

治療法

手術(外科療法)

<特徴>

がん病巣を手術で除去する療法で、原発巣だけでなく、他の部位に転移した転移巣も取り除きます。がんそのものを外科手術で除去する局所療法です。がんの治療法として最も基本的な治療法です。
手術(外科療法)の詳細についてはこちら

抗がん剤(化学療法)

<特徴>

化学物質(抗がん剤)を利用してがん細胞の増殖を抑え、がん細胞を破壊する治療法です。全身のがん細胞を攻撃・破壊し、体のどこにがん細胞があっても攻撃することができる全身療法です。
抗がん剤(化学療法)の詳細についてはこちら

免疫細胞療法

<特徴>

身体の免疫を担う本人の細胞を体外で大量に数を増やし、機能を増強あるいは付加した上で体内に戻して行われる治療法です。上記の三大治療法に対して、近年注目されてきている、副作用がほとんど確認されていない先進的ながん治療法で、目に見えないがんや転移防止に有効な全身療法です。
がんに対する抗がん剤などの積極的な治療は行わず、症状などを和らげる治療に徹する
ベスト・サポーティブ・ケア(BSC)の選択肢の一つです。
免疫療法は副作用が少ないため、症状の緩和やQOLを高めることにつながります。
免疫細胞療法の詳細についてはこちら

放射線療法

<特徴>

腫瘍の成長を遅らせるために、あるいは縮小させるために放射線を使用する治療法です。がんに侵された臓器の機能と形態の温存が出来ますまた、がんの局所療法であるため、全身的な影響が少なく、高齢者にも適応できる患者にやさしいがん治療法です。
放射線療法の詳細についてはこちら

陽子線治療

<特徴>

通常のX線の放射線治療ではがん局部の周囲の正常な細胞も傷つけてしまいますが、陽子線治療はがん局部だけを照射して周囲の正常な 細胞が傷つくことをより抑えることができます。また、痛みもほとんどなく、1日15~30分程度のため、身体への負担が少ない治療です。1日1回、週 3~5回行い、合計4~40回程度繰り返します。
陽子線治療についてはこちら

重粒子線治療

<特徴>

陽子線治療と比べて、さらにがん局部を集中的に治療が可能となります。がん細胞の殺傷効果は陽子線治療の2~3倍大きくなります。 進行したがんは低酸素領域がありますが、このようながんでも治療が可能です。また、X線では治療が難しい深部にあるがんの治療も可能です。治療は1日1 回、週3~5回行い、合計1~40回程度繰り返します。平均では3週間程度の治療になります。1回当たり、15〜30分の治療時間になります。
重粒子線治療についてはこちら

コラム

戦国武将と癌
歴史上の人物の病気や死因などを診断します。

■よく検索されるキーワード

食道癌 症状   食道がん 原因   食道がん 生存率   食道がん 初期症状   食道癌 ガイドライン

戦国武将とがん

書評