舌癌とは|検査や治療、ステージなど

舌がん

舌がんとは

舌がんとは、舌の前3分の2(口を開けて普通に鏡で見える範囲)と舌の縁、下面に発生するがんで、口の中に発生するがん(口腔がん)の約50~60%を占めます。口腔がんのほとんどは、扁平上皮癌という種類のもの。まれに、肉腫も発生します。
舌がんの初期硬結(しこり) ②腫瘍を形成した舌がん

舌がんは男性に多く、50歳~70歳代に発症することが多いですが、50歳未満が4分の1を占め、20歳~30歳でも発症することがあります。舌がんの原因は明らかではないですが、飲酒か喫煙などの化学物質による刺激や、歯並びが悪いために歯が常に舌にあたる、合ってない入れ歯や虫歯といった機械的な刺激などが、舌がんを誘発すると考えられています。

舌がんは、自分で鏡で見ることができるので、患者さんの約3分の2は、早い時期に病変に気づき受診します。舌がんの症状として典型的なのは、舌の両脇の部分にできる硬いしこりで、痛みや出血を伴うとは限りません。舌の先端や真ん中にがんができることは少ないです。舌の下面にできたがんは自分では見えにくく、症状も出にくいため進行した状態で受診される場合も少なくないです。がんが進行すると病変が潰瘍になり、持続した痛みや出血があったり、口臭が強くなることもあります。

舌がんの中には早い時期から舌の近くの首(頸部)のリンパ節に転移して急速に進行するタイプのものもあります。日ごろから、鏡で口内をチェックしたり、気になる病変や症状が続く場合には早めに耳鼻咽喉科、口腔外科などを受診することが早期発見・早期治療につながります。また、治療後の定期的な経過観察が必要です。


舌がんの検査と診断

舌がんは、口内炎や難治性潰瘍などの症状・病変が似た病気もありますので、舌がんを確定診断するためには局所麻酔のあとに、組織の一部を切り取って、がん細胞の有無を調べる病理検査をします。診断がつけば、がんの深さや広がりを調べるために触診し、CTやMRIなどの画像検査を行います。

触診
舌を直接触診することで、しこりの範囲や深さを測定します。頸部の触診はがんがリンパ節に転移しているか、その部位、大きさや数、可動性の有無などを判定するために行います。
CT、MRI検査
CTではX線を、MRIでは磁気を用いて体の内部を描き出し、周辺の臓器へのがんの広がりや転移の有無を調べます。舌がんでは、がんの大きさ、周囲への浸潤(がんが広がること)の有無や、頸部のリンパ節転移の有無、動脈への浸潤を評価します。CTで造影剤を使用する場合、アレルギーが起こることがあります。ヨードアレルギーなどの経験がある人は医師に申し出る必要があります。

舌がんの病期(ステージ)

病期とは、がんの進行の程度を示す言葉で、英語をそのまま用いてステージともいいます。説明などでは、「ステージ」という言葉が使われることも多いです。病期には、ローマ数字が使われ、舌がんでは、0期、Ⅰ期、Ⅱ期、Ⅲ期、Ⅳ期に分類されています。Ⅳ期はさらに広がりの程度によって、A、B、Cに分けられます。舌がんの病期は、がんの大きさやがんがどの程度広がっているか、リンパ節転移や他の臓器への転移があるかどうかによって決まります。

~表1~

舌がんの症状

舌がんの症状として特徴的なのが、舌の側脇の縁の部分にできるしこりです。舌の真ん中や先端部に、がん(しこり)ができることは、少ないといわれています。

ごく初期の症状としては、痛みや出血を伴わないことが多いようです。また、白斑病変と言って、周りに比べて白っぽくみえる部分ができることがありますが、必ずしも「白」ではなく、あくまでも「周りよりも白っぽい色」と考えると良いでしょう。舌がんは進行すると、腫瘍部分に潰瘍を形成し、切れたり、出血を伴うこともあります。この状態にまで達すると、痛みを訴える方が増えてきます。

また、舌がんが舌の下面にできた場合、自分では見えにくいのでなかなか気づきません。目立つ自覚症状が少ないことから、自分自身が気付いた時には、かなり進行していることがあります。

舌がんが進行すると、持続した痛み、出血のほか、口臭が強くなることがあります。舌がんの中には、比較的早い段階から舌の近くにある別の臓器(首=頸部リンパ節など)に転移し、急速に悪化していくタイプのがんがあります。

舌がんの原因・予防

舌がんの原因は、はっきりとはわかっていません。しかしこれまでに行われた数々の研究などから、喫煙、飲酒、齲歯(虫歯)、合わない義歯の長期間装着による慢性的な粘膜刺激などが、主な原因になると考えられています。さらに、口腔内には「白板症」と呼ばれる、「口腔粘膜に生じた摩擦によって生じた、白色の板状(ばんじょう)あるいは斑状の角化性病変」ができることがあります。これは機械的に除去できるものではなく、放置すれば「がん化しやすい」ものです。この白板症が出来ている場合、正常な粘膜と比べてがんになる可能性が高いため、十分な注意が必要です。白板症の原因も、喫煙、飲酒、齲歯(虫歯)で欠けた歯や合わない義歯の長期間装着による慢性的な粘膜刺激である、と考えられています。

喫煙者の中では特に葉巻やパイプを利用している方は、タバコの成分が深く吸い込めず口腔内に残りやすいため、舌がんになりやすいといわれています。また、飲酒時に喫煙する場合、アルコールの作用により、タバコの中の有害物質を取り込みやすくする可能性が指摘されるようになりました。ただし、飲酒と喫煙がすべての原因ではなく、特に女性の舌がんでは、飲酒や喫煙の関係性が確認できないケースもあるようです。

舌がんの予防は禁煙、節度ある飲酒が最も効果のある予防法といわれています。また、虫歯の治療や、義歯の調整により、口腔内の環境を調整することも、舌がん予防には有効です。

参考文献

日本口腔外科学会 https://www.jsoms.or.jp/public/disease/setumei_akusei/
厚生労働省eヘルスネット情報提供 https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/tobacco/t-01-001.html
日本耳鼻咽喉科学会会報 Vol. 96 (1993) No. 9 P 1501-1509,1579

喉頭がん

喉頭がんとは

喉頭はいわゆる「のどぼとけ」(甲状軟骨先端)に囲まれた箱のような部分です、内面は粘膜におおわれており、ここの組織に発生したがんを喉頭がんといいます。

喉頭には左右1対の声帯があり、これを振動させることで声を出すことができます。また食べ物を飲みこむときは、喉頭蓋というフタが喉頭や声帯を閉じ、食べ物が気管に誤って入ること(誤嚥)を防いでいます。喉頭には空気の通り道(気道)としての働きもあります。喉頭がんが進行すると、これらの喉頭の機能が損なわれてしまいます。

喉頭がんの発生は女性より男性に多く、50歳代から80歳代までに急激に増加します。喫煙によってリスクが高くなることがわかっており、患者さんの90%以上が喫煙者です。

声帯のある部分を声門といい、それより上が声門上、下が声門下とよばれています。喉頭がんはその発生部位により、「声門がん」「声門上がん」「声門下がん」の3つに分けられます。最も多いのは声門がんで60~65%を占め、声門上がんは30~35%、声門下がんは極めてまれです。

喉頭がんの症状

がんの発生部位によって最初に現れる症状は違います。

罹患数がもっとも多いとされる声門がんでは、ほぼすべてのケースで嗄声(声がれ)と呼ばれる、以下のような症状が見られます。
● 低いがらがら声
● 雑音の入ったざらざらした声
● かたい声
● 息がもれるような声  などです。

声門がんの場合、がんが進行すると嗄声はさらにひどくなり、声門が狭くなって息苦しいなどの呼吸困難症状がみられるようになります。痰に血液が混じることもあり、嗄声が一カ月以上続くときは、喉頭がんの疑いが強くなります。

声門上がんの場合、初期症状は喉のいがらっぽさ、異物感、食べ物を飲み込んだときの痛みなどがでます。がんが進行すると、耳に広がる痛みが現れることもあります。首(頸部)のリンパ節に腫れが何か所も出ることが多くなります。声門上がんの場合も、がんが声帯に広がると嗄声が起こり、さらに進行すると呼吸困難などの症状が起こります。

声門下がんの場合は、進行するまでは無症状ではありますが、進行するとやはり嗄声や呼吸困難感が見られるようになります。

気になる症状が続く場合は、早めに耳鼻咽喉科または気管食道科など、喉の専門医に相談しましょう。早期発見につとめることが、早期治療にもつながります。

いずれの部位でも、嗄声、進行すると呼吸困難症状が見られることは、共通しています。では、なぜ声門がんになると、嗄声がみられるようになるのでしょうか。

もしも声門に異常がなければ、左右に1対ある声門はぴったりと寄り添うように動きます。そのわずかな隙間を空気が通り抜けるときに、声門が振動して声が出ます。つまり声を出すためには、声門が滑らかに動き、空気が通るときにブルブルと小刻みに震える必要があります。

しかし声門周囲に何らかの異常が起こり、声門の動きが悪くなったり、ブルブルと震えることが出来なくなると、しわがれた声に変化します。これが嗄声です。

嗄声が起こる原因はいくつかありますが、喉頭がんの場合は声門周囲にがん細胞ができることで、声門の動きが悪くなって声を出しにくくなるのです。また、がんが進行してがん細胞が大きくなると、喉頭全体が狭くなってくるため、呼吸困難症状が見られるようになります。

喉頭がん全体でみると、治る率(治癒率)は約800%弱です。早期に発見し、早期に治療を開始すれば、声門の機能をある程度は維持できるため、音声を失わずに治すことも可能だといわれています。

喉頭がんの検査と診断

喉頭がんは、視診と、病変の一部を採取して組織を顕微鏡で調べる病理検査によって診断される。がんの広がりの程度を確認するためには、CTやMRIなどの画像検査も必要になる。

【視診】
喉頭鏡という丸い小さな鏡がついている棒を口の中に入れて、「えーっ」「いーっ」などの発生をしながら喉頭内にがんがないかどうか観察する。
【喉頭ファイバースコープ】
咽頭反射が強い(舌を引っ張られるとゲェーッとえずく)方やのどの奥まで観察したいときなどには、口頭ファイバースコープ(先端にライトとカメラレンズがついている内視鏡)を鼻から入れて、モニターを使って喉頭の内部を直接観察する。痛みはない。
【生検】
一般に、咽頭や喉頭を局所麻酔剤で麻酔して咽頭反射が起こらないようにし、太いファイバースコープで細かな部位まで観察したあと、鉗子で病変の一部を採取して、顕微鏡でがんかどうかを確定診断する(病理検査)。
【超音波(エコー)検査】
体表から観察する超音波検査は、首(頸部)に行い、頸部リンパ節への転移の有無を検索する。頸部の動脈や静脈、気管など周辺臓器との関係を調べるために行う。
【CT、MRI検査】
がんがどの程度広がっているかを調べるため、CTではX線を、MRIでは磁気を用いて頸部の断層撮影を行う。CTで造影剤を使用する場合、アレルギーが起こることがある。ヨードアレルギーなどの経験がある人は医師に申し出る必要がある。

喉頭がんの原因・予防

喉頭がんは頭頚部にできるがんのうち、最も罹患数が多いがんです。女性よりも男性に多く発症し、その割合は1:10とも言われています。また、50歳代から80歳代までに急激に増加する傾向があります。

喉頭がんの主な危険因子は、たばことお酒です。これらを継続的に摂取することで、喉頭はつねに刺激を受けることになり、これがきっかけとなってがんが発症します。実際に、喉頭がん患者さんの90%は、喫煙者であると言われています。つまり、禁酒と禁煙は、喉頭がんの予防に大きく役立つことが分かっています。近年では、男性だけでなく女性の喫煙者が増えていることから女性の喉頭がんのリスクも高まっています。

その他にも、声を酷使する職業や、アスベストを使用する職業も、喉頭がんが発症する危険因子となりますので、このような職業の方は、声や喉の変化に、注意が必要です。また、野菜や果物を摂取することが、予防につながるという見方もあります。

喉頭がんの病期(ステージ)

病期とは、がんの進行の程度を示す言葉で、英語をそのまま用いてステージともいいます。説明などでは、「ステージ」という言葉が使われることも多いでしょう。病期には、ローマ数字が使われ、喉頭がんでは、0期、Ⅰ期、Ⅱ期、Ⅲ期、Ⅳ期(ⅣA、ⅣB、ⅣC)に分類されています。病期はがんがどこまで広がっているか(T:原発腫瘍 primary Tumor)、リンパ節転移があるかどうか(N:所属リンパ節 regional lymph Nodes)、他の臓器への転移があるかどうか(M:遠隔転移 distant Metastasis)で決まります。
これをTNM分類といい、各因子の組み合わせにより、病期が決まります。喉頭がんの場合、がんの発生部位によりT分類は異なるという特徴があります。

【 T分類 】
●声門がん
T1aがんが片側の声帯にとどまっている
T1b両側の声帯にがんがある
T2がんが声門の上部か下部まで広がっている、または声帯の動きに制限がある
T3声帯の動きがなく固定している、および/または声門の周囲組織にがんが広がっている
T4aがんが喉頭の外側の組織にまで広がっている
T4bがんが喉頭の外側の組織を越えて、背骨や縦隔、頸動脈全周などに及んでいる

●声門上がん
T1がんが片側の声門上部の一部にとどまっている
T2がんが声門を含む声門上部の外側まで広がっている、または声門上部の広い範囲に及んでいる
T3声帯の動きが完全に失われているか、がんが声門上部の周辺または声門の周囲にまで広がっている
T4aがんが喉頭の外側の組織にまで広がっている
T4bがんが喉頭の外側の組織を越えて、背骨や縦隔、頸動脈全周などに及んでいる

●声門下がん
T1がんが片側の声門下部にとどまっている
T2がんが声帯にまで広がっており、その動きが制限されている
T3がんが声帯にまで広がって、その動きが完全に失われている
T4aがんが喉頭の外側の組織にまで広がっている
T4bがんが喉頭の外側の組織を越えて、背骨や縦隔、頸動脈全周などに及んでいる

<N分類>
 ・N0:所属リンパ節転移なし
 ・N1:同側の単発性リンパ節転移で最大径が3cm以下
 ・N2:同側の単発性リンパ節転移で最大径が3cmをこえるが6cm以下、または同側の多発性リンパ節転移で最大径6cm以下、または両側あるいは対側のリンパ節転移で最大径6cm以下
 ・N3:最大径が6cmをこえるリンパ節転移

<M分類>
 ・M0:遠隔転移なし
 ・M1:遠隔転移あり
この分類の組み合わせにより、病期が決まります。

治療法

手術(外科療法)

<特徴>

がん病巣を手術で除去する療法で、原発巣だけでなく、他の部位に転移した転移巣も取り除きます。がんそのものを外科手術で除去する局所療法です。がんの治療法として最も基本的な治療法です。
手術(外科療法)の詳細についてはこちら

●喉頭部分切除術
一般的には、初期の喉頭がんに対して行われる手術です。代表的な部分切除の方法は、声門がんに対して行われる「喉頭垂直切除術」という方法で、声帯から発生したがんに対して行います。声門上がんの場合は「喉頭水平切除」という方法があります。ごく初期の小さながんの場合、レーザー手術が行われることもあります。

手術後の合併症として、「むせ」により食事がしにくくなったり、誤嚥を起こすことがあります。喉頭部分切除術は、声の質は悪くなるものの、声を残すことができる手術法ですが、現在のところは限られた施設のみで行わる手術方法です。

●喉頭全摘術
部分切除では取り切れないほど進行しているがんや、早期がんに対しても行われることがある手術方法です。首の中央を切開し、そこから喉頭部分を全摘出します。喉頭を全摘出すると声を完全に失いますが、食道発声や人工喉頭の使用などにより、代用音声を獲得することは出来ます。しかし、鼻をかんだり臭いを感じることもできなくなるため、味覚も変わります。また、気管孔も永久に閉じることはできません。

最近では、進行がんでも発生機能を残すために、がんと声帯など喉頭の4分の3を切除し、喉頭の上下の骨は残しておく「喉頭亜全摘出術」が行われる場合もあります。この場合、発生機能などは温存できる可能性があるのですが、がんを完全に切除できない場合もあります。

●頸部郭清術
喉頭がんが進行すると、頸部のリンパ節への転移が認められるようになります。喉頭がんで頸部リンパ節への転移が起こるときは、がん細胞が頸部のリンパ管に入り込み、頸部リンパ管を通ってリンパ節へ到達するというメカニズムがあるため、リンパ節だけではなくリンパ管も一緒に切除する必要があります。切除する範囲は、片側あるいは両側の耳の後ろから、鎖骨(さこつ)までの広範囲におよび、リンパ節の周囲組織を含んだ部分も切除することになります。これが頸部郭清術です。

リンパ節とリンパ管は、主に頸部の皮膚裏面にある脂肪組織の中に存在しますので、頸部郭清術ではその脂肪組織ごと切除することになります。一方で、脂肪組織の中には重要な血管や神経も含まれているため、本来はそれらを傷つけないよう、リンパ管、リンパ節、脂肪組織だけを切除できることが理想です。しかし転移したリンパ節の大きさや、周囲組織への浸潤の程度によっては、血管や神経を残すことができない場合もあります。

抗がん剤(化学療法)

<特徴>

化学物質(抗がん剤)を利用してがん細胞の増殖を抑え、がん細胞を破壊する治療法です。全身のがん細胞を攻撃・破壊し、体のどこにがん細胞があっても攻撃することができる全身療法です。
抗がん剤(化学療法)の詳細についてはこちら

免疫細胞療法

<特徴>

身体の免疫を担う本人の細胞を体外で大量に数を増やし、機能を増強あるいは付加した上で体内に戻して行われる治療法です。上記の三大治療法に対して、近年注目されてきている、副作用がほとんど確認されていない先進的ながん治療法で、目に見えないがんや転移防止に有効な全身療法です。
がんに対する抗がん剤などの積極的な治療は行わず、症状などを和らげる治療に徹する
ベスト・サポーティブ・ケア(BSC)の選択肢の一つです。
免疫療法は副作用が少ないため、症状の緩和やQOLを高めることにつながります。
免疫細胞療法の詳細についてはこちら

放射線療法

<特徴>

腫瘍の成長を遅らせるために、あるいは縮小させるために放射線を使用する治療法です。がんに侵された臓器の機能と形態の温存が出来ますまた、がんの局所療法であるため、全身的な影響が少なく、高齢者にも適応できる患者にやさしいがん治療法です。
放射線療法の詳細についてはこちら

陽子線治療

<特徴>

通常のX線の放射線治療ではがん局部の周囲の正常な細胞も傷つけてしまいますが、陽子線治療はがん局部だけを照射して周囲の正常な 細胞が傷つくことをより抑えることができます。また、痛みもほとんどなく、1日15~30分程度のため、身体への負担が少ない治療です。1日1回、週 3~5回行い、合計4~40回程度繰り返します。
陽子線治療についてはこちら

重粒子線治療

<特徴>

陽子線治療と比べて、さらにがん局部を集中的に治療が可能となります。がん細胞の殺傷効果は陽子線治療の2~3倍大きくなります。 進行したがんは低酸素領域がありますが、このようながんでも治療が可能です。また、X線では治療が難しい深部にあるがんの治療も可能です。治療は1日1 回、週3~5回行い、合計1~40回程度繰り返します。平均では3週間程度の治療になります。1回当たり、15?30分の治療時間になります。
重粒子線治療についてはこちら

再発・転移

再発

「再発」とは、がんに対する治療効果により、一度は治療がうまくいったようにみえても、手術で取りきれていなかった小さながんや、抗がん剤治療(薬物療法)や放射線治療で一度は縮小したように見えたがんが、再び出現したり大きくなったりすることを言います。喉頭がんの場合、最初の治療後から1~2年のうちに、再発するケースが多いといわれています。

喉頭がんの再発は、喉頭内に起こる場合と、転移として別の部位に発生することがあります。仮に、放射線治療を行った後で喉頭内に再発した場合、同じ部位に再び放射線治療を行うことができないため、手術療法による治療が行われることが多くなります。

手術療法後に再発した場合は、再手術や放射線治療などが選択されることになります(過去に放射線治療を行っていない場合)。しかし、一言で再発といっても、患者さんにより状態が変わりますので、総合的に判断し、再発後の治療方法を決めていく必要があります。


転移

「転移」とは、リンパ液や血液に入り込んだがん細胞が、別の臓器に移動して増殖することです。例えば、リンパ節の中でがん細胞が増殖した場合を「リンパ節転移」といいます。喉頭がんの中で、声門上がんではリンパ節転移が起こりやすく、声門がんでは頸部リンパ節への転移が少ないといわれています。

喉頭がんがリンパ節転移を起こした場合、前述のような「頸部郭清術」が必要です。場合によっては、手術後に放射線治療を行うこともあります。治療方針は再発の場合と同様、患者さんの状態や過去の治療歴などを元に、総合的に判断する必要があります。

参考資料

日本気管食道科学会 気管食道科に関連する疾患・症状 嗄声: http://www.kishoku.gr.jp/public/disease08.html
がん情報サービス 喉頭がん(こうとうがん) 基礎知識: http://ganjoho.jp/public/cancer/larynx/print.html
がん研有明病院: http://www.jfcr.or.jp/hospital/cancer/type/headneck/larynx.html
一般社団法人日本耳鼻咽喉科学会: http://www.jibika.or.jp/citizens/daihyouteki2/nodo_disease.html
日本耳鼻咽喉科学会広島地方部会: http://hiroshima-jibika.jp/course/koutougan.html
国立がん研究センター がん情報サービス: http://ganjoho.jp/public/pre_scr/cause/part_distinction.html
日本頭頚部学会: http://www.jshnc.umin.ne.jp/general/section_03.html

■よく検索されるキーワード

喉頭がん 症状   喉頭がん 原因   喉頭がん 初期症状   喉頭がん 生存率   喉頭がん 自覚症状

戦国武将とがん

書評

がんの種類