舌癌とは|検査や治療、ステージなど

舌がん

舌がんとは

舌がんとは、舌の前3分の2(口を開けて普通に鏡で見える範囲)と舌の縁、下面に発生するがんで、口の中に発生するがん(口腔がん)の約50~60%を占める。口腔がんのほとんどは、扁平上皮癌という種類のもの。まれに、肉腫も発生する。
舌がんの初期硬結(しこり) ②腫瘍を形成した舌がん

舌がんは男性に多く、50歳~70歳代に発症することが多いが、50歳未満が4分の1を占め、20歳~30歳でも発症することがある。舌がんの原因は明らかではないが、飲酒か喫煙などの化学物質による刺激や、歯並びが悪いために歯が常に舌にあたる、合ってない入れ歯や虫歯といった機械的な刺激などが、舌がんを誘発すると考えられている。

舌がんは、自分で鏡で見ることができるので、患者さんの約3分の2は、早い時期に病変に気づき受診する。舌がんの症状として典型的なのは、下の両脇の部分にできる硬いしこりで、痛みや出血を伴うとは限らない。舌の先端や真ん中にがんができることは少ない。舌の下面にできたがんは自分では見えにくく、症状も出にくいため進行した状態で受診される場合も少なくない。がんが進行すると病変が潰瘍になり、持続した痛みや出血があったり、口臭が強くなることもある。

舌がんの中には早い時期から舌の近くの首(頸部)のリンパ節に転移して急速に進行するタイプのものもある。日ごろから、鏡で口内をチェックしたり、気になる病変や症状が続く場合には早めに耳鼻咽喉科、口腔外科などを受診することが早期発見・早期治療につながる。また、治療後の定期的な経過観察が必要である。


舌がんの検査と診断

舌がんは、口内炎や難治性潰瘍などの症状・病変が似た病気にあるので、舌がんを確定診断するためには局所麻酔のあとに、組織の一部を切り取って、がん細胞の有無を調べる病理検査をする。診断がつけば、がんの深さや広がりを調べるために触診し、CTやMRIなどの画像検査を行う。

触診
舌を直接触診することで、しこりの範囲や深さを測定する。頸部の触診はがんがリンパ節に転移しているか、その部位、大きさや数、可動性の有無などを判定するために行う。
CT、MRI検査
CTではX線を、MRIでは磁気を用いて体の内部を描き出し、周辺の臓器へのがんの広がりや転移の有無を調べる。舌がんでは、がんの大きさ、周囲への浸潤(がんが広がること)の有無や、頸部のリンパ節転移の有無、動脈への浸潤を評価する。CTで造影剤を使用する場合、アレルギーが起こることがある。ヨードアレルギーなどの経験がある人は医師に申し出る必要がある。

舌がんの病期(ステージ)

病期とは、がんの進行の程度を示す言葉で、英語をそのまま用いてステージともいう。説明などでは、「ステージ」という言葉が使われることも多い。病期には、ローマ数字が使われ、舌がんでは、0期、Ⅰ期、Ⅱ期、Ⅲ期、Ⅳ期に分類されている。Ⅳ期はさらに広がりの程度によって、A、B、Cに分けられる。舌がんの病期は、がんの大きさやがんがどの程度広がっているか、リンパ節転移や他の臓器への転移があるかどうかによって決まる。

~表1~

喉頭がん

喉頭がんとは

喉頭はいわゆる「のどぼとけ」(甲状軟骨先端)に囲まれた箱のような部分。内面は粘膜におおわれており、ここの組織に発生したがんを喉頭がんという。

喉頭には左右1対の声帯があり、これを振動させることで声を出すことができる。また食べ物を飲みこむときは、喉頭蓋というフタが喉頭や声帯を閉じ、食べ物が気管に誤って入ること(誤嚥)を防いでいる。喉頭には空気の通り道(気道)としての働きもある。喉頭がんが進行すると、これらの喉頭の機能が損なわれる。

喉頭がんの発生は女性より男性に多く、50歳代から80歳代までに急激に増加する。喫煙によってリスクが高くなることがわかっており、患者さんの90%以上が喫煙者である。

声帯のある部分を声門といい、それより上が声門上、舌が声門下とよばれている。喉頭がんはその発生部位により、「声門がん」「声門上がん」「声門下がん」の3つに分けられる。最も多いのは声門がんで60~65%そ占め、声門上がんは30~35%、声門下がんは極めてまれである。

がんの発生部位によって最初に現れる症状は違う。声門がんでは、ほぼすべての方に嗄声(声がれ)といって、低いがらがら声、雑音の入ったざらざらした声、かたい声、息がもれるような声などが見られる。嗄声が一カ月以上続くときは、喉頭がんの疑いが強くなる。がんが進行すると嗄声はさらにひどくなり、声門が狭くなって息苦しいなどの呼吸困難症状がみられるようになる。痰に血液が混じることもある。

声門上がんでは、いがらっぽさ、異物感、食べ物を飲み込んだときの痛みなどがでる。進行すると耳に広がる痛みが現れることもある。首(頸部)のリンパ節に腫れが税所に出ることも多い。がんが声帯に広がると嗄声が起こり、さらに進行すると呼吸困難などの症状が起こる。声門下がんの場合は、進行するまでは無症状である。

気になる症状が続く場合は、早めに耳鼻咽喉科を受診することが早期発見につながる。

喉頭がん全体の治る率(治癒率)は約70%。早期に発見すれば音声を失わずに治すことも可能である。

喉頭がんの検査と診断

喉頭がんは、視診と、病変の一部を採取して組織を顕微鏡で調べる病理検査によって診断される。がんの広がりの程度を確認するためには、CTやMRIなどの画像検査も必要になる。

【視診】
喉頭鏡という丸い小さな鏡がついている棒を口の中に入れて、「えーっ」「いーっ」などの発生をしながら喉頭内にがんがないかどうか観察する。
【喉頭ファイバースコープ】
咽頭反射が強い(舌を引っ張られるとゲェーッとえずく)方やのどの奥まで観察したいときなどには、口頭ファイバースコープ(先端にライトとカメラレンズがついている内視鏡)を鼻から入れて、モニターを使って喉頭の内部を直接観察する。痛みはない。
【生検】
一般に、咽頭や喉頭を局所麻酔剤で麻酔して咽頭反射が起こらないようにし、太いファイバースコープで細かな部位まで観察したあと、鉗子で病変の一部を採取して、顕微鏡でがんかどうかを確定診断する(病理検査)。
【超音波(エコー)検査】
体表から観察する超音波検査は、首(頸部)に行い、頸部リンパ節への転移の有無を検索する。頸部の動脈や静脈、気管など周辺臓器との関係を調べるために行う。
【CT、MRI検査】
がんがどの程度広がっているかを調べるため、CTではX線を、MRIでは磁気を用いて頸部の断層撮影を行う。CTで造影剤を使用する場合、アレルギーが起こることがある。ヨードアレルギーなどの経験がある人は医師に申し出る必要がある。

喉頭がんの病期(ステージ)

病期とは、がんの進行の程度を示す言葉で、英語をそのまま用いてステージともいう。説明などでは、「ステージ」という言葉が使われることも多い。病期には、ローマ数字が使われ、喉頭がんでは、0期、Ⅰ期、Ⅱ期、Ⅲ期、Ⅳ期(ⅣA、ⅣB、ⅣC)に分類されている。病期はがんがどこまで広がっているか(T:原発腫瘍 primary Tumor)、リンパ節転移があるかどうか(N:所属リンパ節 regional lymph Nodes)、他の臓器への転移があるかどうか(M:遠隔転移 distant Metastasis)で決まる。これをTNM分類といい、各因子の組み合わせにより、病期が決まる。喉頭がんの場合、がんの発生部位によりT分類は異なる。

~T分類 に関して表が3つはいる~

治療法

手術(外科療法)

<特徴>

がん病巣を手術で除去する療法で、原発巣だけでなく、他の部位に転移した転移巣も取り除きます。がんそのものを外科手術で除去する局所療法です。がんの治療法として最も基本的な治療法です。
手術(外科療法)の詳細についてはこちら

抗がん剤(化学療法)

<特徴>

化学物質(抗がん剤)を利用してがん細胞の増殖を抑え、がん細胞を破壊する治療法です。全身のがん細胞を攻撃・破壊し、体のどこにがん細胞があっても攻撃することができる全身療法です。
抗がん剤(化学療法)の詳細についてはこちら

免疫細胞療法

<特徴>

身体の免疫を担う本人の細胞を体外で大量に数を増やし、機能を増強あるいは付加した上で体内に戻して行われる治療法です。上記の三大治療法に対して、近年注目されてきている、副作用がほとんど確認されていない先進的ながん治療法で、目に見えないがんや転移防止に有効な全身療法です。
がんに対する抗がん剤などの積極的な治療は行わず、症状などを和らげる治療に徹する
ベスト・サポーティブ・ケア(BSC)の選択肢の一つです。
免疫療法は副作用が少ないため、症状の緩和やQOLを高めることにつながります。
免疫細胞療法の詳細についてはこちら

放射線療法

<特徴>

腫瘍の成長を遅らせるために、あるいは縮小させるために放射線を使用する治療法です。がんに侵された臓器の機能と形態の温存が出来ますまた、がんの局所療法であるため、全身的な影響が少なく、高齢者にも適応できる患者にやさしいがん治療法です。
放射線療法の詳細についてはこちら

陽子線治療

<特徴>

通常のX線の放射線治療ではがん局部の周囲の正常な細胞も傷つけてしまいますが、陽子線治療はがん局部だけを照射して周囲の正常な 細胞が傷つくことをより抑えることができます。また、痛みもほとんどなく、1日15~30分程度のため、身体への負担が少ない治療です。1日1回、週 3~5回行い、合計4~40回程度繰り返します。
陽子線治療についてはこちら

重粒子線治療

<特徴>

陽子線治療と比べて、さらにがん局部を集中的に治療が可能となります。がん細胞の殺傷効果は陽子線治療の2~3倍大きくなります。 進行したがんは低酸素領域がありますが、このようながんでも治療が可能です。また、X線では治療が難しい深部にあるがんの治療も可能です。治療は1日1 回、週3~5回行い、合計1~40回程度繰り返します。平均では3週間程度の治療になります。1回当たり、15〜30分の治療時間になります。
重粒子線治療についてはこちら

■よく検索されるキーワード

喉頭がん 症状   喉頭がん 原因   喉頭がん 初期症状   喉頭がん 生存率   喉頭がん 自覚症状

戦国武将とがん

書評

がんの種類