がん治療.com おすすめコンテンツ

心理状態の遷移
告知をされてから、がん患者の心理はどのように遷移するのか?
ストレス解消法
がん治療は大きなストレスとなりますが、自分に合ったストレス解消法を見つけることが大切です。
医師との付き合い方
がん治療するうえで、医師と上手に付き合っていくには?
  • がん治療.com コンテンツ一覧
  • がん治療.com 用語集

放射線療法とは

がんの治療方法

がんの治療は「局所療法」と「全身療法」に大別されます。

局所療法:
がんそのものに的を絞った治療。病巣が限られている場合に用いられます。
・病巣を切除する手術療法
・放射線を照射してがんを攻撃する放射線療法
・レーザー治療の一種である光線力学的療法
全身療法:
病巣が複数確認できたり、全身にがん細胞が侵食している場合などに用いられます。
・抗がん剤を使用する化学療法
・自己の免疫細胞を活性化し使用する免疫細胞療法

放射線療法

<特徴>
腫瘍の成長を遅らせるために、あるいは縮小させるために放射線を使用する治療法です。がんに侵された臓器の機能と形態の温存が出来ますまた、がんの局所療法であるため、全身的な影響が少なく、高齢者にも適応できる患者にやさしいがん治療法です。

<対象となるがん>
手術で患部を切除しないで、身体の機能や形態を温存させたいときなどに利用する治療法です。

<副作用>
がん局部周囲の正常細胞も傷害されるため、後遺症が残る場合もあります。

放射線治療で使われる放射線の種類

放射線とは、空間や物質中を波のかたちや粒子でエネルギーを伝播するものを総称する言葉です。電磁波(X線、γ線など)と粒子線(原子を構成する粒子:電子、陽子、中性子など)の2種類に大きく分けられます。

がんの治療に使われている放射線は、X線、γ線、電子線が主で、その他陽子線、重粒子線が研究段階で使われています。

放射線ががんを死滅させることができる原理

放射線は、細胞のDNAに直接作用し、細胞が分裂して数を増加する能力をなくしたり、細胞が自ら死んでいく現象(アポトーシス)を増強したりして細胞を殺します。放射線はがん細胞だけでなく正常細胞にも同じ作用をしますが、がん細胞は正常細胞よりも障害の程度が重く、正常細胞はがん細胞よりは障害の程度が軽いため、放射線照射前の状態に回復するまでの時間が短いです。

放射線治療の目的

(1)放射線治療による根治治療
臓器の形態や機能を温存することが可能な治療です。頭頸部がん、網膜芽細胞腫、悪性リンパ腫、子宮頸がん、肺がん、食道がん、前立腺がん、皮膚がんなどで行われています。
(2) 術前、術後治療(手術の前、または後の治療)の補助療法

手術によって散らばる可能性があるがん細胞を殺す為や、がんを小さくし手術を行い易くするために、手術前に放射線の治療を行います。手術後には手術で切除しきれずに残ったと思われるがん細胞を殺し、再発の可能性を下げるために行います。

(3)再発治療(手術後の再発に対する治療)

手術をした部位から再発した一部のがんでは、遠隔転移がなければ放射線治療で治癒する可能性があります。抗がん剤と併用して治療することもあります。再発したがんによる症状を緩和する目的でも放射線治療が行われます。

(4)全身照射(骨髄移植)

骨髄移植を施行する直前に、免疫力を落とし、生着促進や、再発予防のために行います。

(5)術中照射

手術中にがん組織に放射線照射をする場合があります。直接確認して確実にがん組織に照射することができ、がん組織周囲の腸管などの放射線に弱い組織を避けて治療ができます。

放射線治療の方法

放射線治療の方法には身体の外から放射線を照射する外部照射法と、放射線源を直接身体の組織や、食道、子宮といった腔に挿入して治療する密封小線源治療があります。どちらかひとつの放射線治療をすることもあれば、外部照射法と密封小線源治療を組み合わせて治療することもあります。最も多く行われている方法は外部照射法のみで行われる治療です。

外部照射治療の手順
(1)固定具の準備
頭頸部領域など場合は、シェルと呼ばれる固定具をつくることがあります。乳がん温存療法も、上腕を上げるために固定具を使うことがあります。
(2)治療計画

放射線をどの部位に、どの方向から、どのくらいの量を何回に分けて治療するのかという治療計画立てます。一方向からの照射や多方向から照射する場合もあります。これらの計画は腫瘍部の線量分布、周囲正常組織の照射線量、治療の目的、全身状態などを考慮して決定します。

(3)照射位置のマ-キング

治療計画に沿って、皮膚表面あるいはシェル表面にマ-キングをします。

(4)放射線の照射

治療計画に沿って放射線を照射します。

治療の期間と通院
治療は通常何週かにわたって行います。場合によっては週3日や週4日治療することもあります。回数や頻度は、治療の目的、全身状態などに決定されます。1日に2~3回に分けて治療する多分割照射を行うことがあります。
密封小線源治療の手順
(1)治療計画
放射線をどの部位に、どのくらいの量を何回に分けて治療するのかという治療計画立てます。これらの計画は腫瘍部の線量分布、周囲正常組織の照射線量、治療の目的、全身状態などを考慮して決定します。\
(2)放射線源の設置
治療計画に沿って、放射線源を設置します。
(3)放射線の照射
治療計画に沿って放射線を照射します。
治療の期間と通院
放射線源の強さにより、24時間から7~8日にわたって治療する場合と、数分の治療を数回繰り返す場合があります。長時間治療する方法を時間あたりの線量が低いので低線量率といい、短時間治療する方法は高線量率といいます。低線量率で長時間治療している間は、他の人に放射線があたらないよう管理する必要があります。高線量率の場合は治療するのは治療室内ですが、数分で1回の治療が終わりますので、それ以外は一般病室で過ごすことができます。

放射線治療が標準治療となっている主な疾患

  • 1)根治治療
  • (1)頭頸部領域のがん
  • (2)肺がん
  • (3)乳がん
  • (4)子宮頸がん
  • (5)前立腺がん
  • (6)網膜芽細胞腫
  • (7)悪性リンパ腫
  • (8)食道がん
  • (9)脳腫瘍(成人・小児)
  • 2)緩和治療
  • (1)転移性骨腫瘍
  • (2)転移性脳腫瘍
  • (3)がんが神経や血管を圧迫しておこす症状に対して

副作用

放射線治療にも副作用があります。
副作用の時期で2分されます。放射線治療中または終了直後(急性期)と、終了してから半年から数年たった後(晩期)があります。

1)急性期の副作用
(1)全身的な副作用
・疲れやすい
・食欲がなくなる
・貧血、白血球減少、血小板減
・皮膚の変化
(2)治療している部位におこる可能性のある副作用
【頭部】
頭痛、耳痛、めまい、脱毛、頭皮の発赤、吐き気、嘔吐などの症状が出ることがあります。
【口腔、頸部】
口腔、咽頭、喉頭の粘膜炎による飲み込みにくさ、飲み込む時の痛み、声がかれるといった症状が出る場合があります。その他に口が乾いたり、味覚がかわったりします。
【肺、縦隔】
食道が治療部位に入っていると、食道炎の症状である飲み込みにくさ、飲み込む時の痛みが出ることがあります。頻度は低いですが、放射線肺臓炎により咳、発熱、息切れが出ることもあります。
【乳房、胸壁】
食道炎による飲み込みにくさ、飲み込む時の痛みや、放射線肺臓炎による咳、発熱、息切れが出ることがあります。
【腹部、骨盤】
胃、腸が照射されることにより、吐き気、嘔吐、腹痛、下痢といった症状が出ることがあります。
膀胱が照射されると膀胱炎症状である頻尿、排尿困難がみられることがあります。
2)晩期の副作用
(1)頭部
脳や脳神経の障害により、難聴、顔面神経麻痺、脳障害、下垂体機能低下などをおこすことがあります。眼に照射された場合は、白内障、網膜症などがおこり視力障害が出ることがあります。
(2)口腔、頸部
皮膚に潰瘍(かいよう)ができたり、皮下がかたくなったりします。唾液腺の機能が低下して口が渇くことがあります。味覚の異常もおこります。軟骨や下顎骨に炎症をおこし、手術が必要になる場合があります。躯幹・四肢の麻痺やしびれる脊髄症をおこすことが非常にまれにあります。
(3)肺、縦隔
肺は線維化し機能が低下します。線維化した容積が大きいと呼吸が苦しくなります。食道が細くなり、食事の通りが悪くなることがあります。心臓の周りに液体がたまる心外膜炎がおこることがあります。液体の量が多ければ心臓の拡張を妨げ、心不全になることがあります。脊髄症をおこすこともあります。
(4)乳房、胸壁
乳房がかたくなることがあります。肺に照射されると肺に線維化がおこります。手術をした後の腋窩(えきか:わきの下)に照射すると腕がむくむことがあります。上腕神経に障害をおこして、腕、手がしびれたり、力が入らなくなったりすることがあります。肋骨の骨折がおこりやすくなります。
(5)腹部、骨
直腸・結腸の内腔が狭くなったり、潰瘍ができ、出血したりすることがあります。膀胱壁がかたくなり、容量が小さくなることがあります。血尿が出ることもあります。リンパの流れや血液の流れが悪くなり、下肢がむくむことがあります。卵巣、睾丸に照射されると不妊になることがあります。肝臓や腎臓は照射されると機能が低下することがあります。
3)二次がんの発生

放射線はがんを治す力ばかりではなく、がんをつくり出してしまう可能性があります。
放射線が照射された部位からがんができる確率は、照射していない場合に比べて高いとされています。(しかし、放射線でがんを治す力は、二次がんをおこす危険をはるかに上回っていると言われています。)

定位放射線照射
定位放射線照射(Stereotactic Irradiation:STI)とは、病巣に対し多方向から放射線を集中させ照射する法です。周囲の正常組織に当たる線量を極力減少させることを目的としています。定位放射線照射には、ガンマナイフに代表される1回照射の定位手術的照射(Stereotactic Radiosurgery:SRS)と、数回に分割して照射する定位放射線治療(Stereotactic Radiotherapy:SRT)に大別されます。
粒子線治療
粒子線(荷電重粒子線(かでんじゅうりゅうしせん))治療とは、陽子や重粒子(重イオン)等の粒子放射線のビームを病巣に照射することによって、主にがんを治す放射線治療法の総称です。治療に用いる粒子の種類によって、陽子線治療、重粒子(重イオン)線治療、パイ中間子治療等に分けられ、世界の各地で臨床応用や研究が行われています。
粒子線治療の特徴
粒子線治療は、サイクロトロンやシンクロトロン等の加速器から得られる陽子線や重粒子(重イオン)線を、がんという標的にねらいを絞って照射する治療法です。粒子線のうち電荷を持つもの(荷電重粒子線)の特徴は、一定の深さ以上には進まないということと、ある深さにおいて最も強く作用するということです。これらの特徴から、陽子線や重粒子(重イオン)線では、光子線に比べてがん病巣にその効果を集中させることが容易となりますので、がん病巣周囲の組織に強い副作用を引き起こすことなく、十分な線量を照射することができます。

治療に適しているとされる腫瘍

陽子線や重粒子(重イオン)線はがんに限局して照射できることから、進行していない限局したがん病巣の治療に適していると考えられています。がんのまわりに放射線に弱い組織がある場合の治療に、特に有効性が発揮できると思われます。