がん検診について

がん検診

「がん」はひと昔前であれば「不治の病」と言われていましたが、現在は検査技術・治療技術などの進歩によって早期発見で早期治療を行なえる病気になりました。

がん検診を行う目的は、がんを早期に発見し、早期に適切な治療を行うことでがんが原因で死亡する率を軽減することです。

がん検診の対象者

症状のない人が検診を行うのが大切です。
というのは無症状の人には進行がんが少なく、早期のうちにがんを発見することができる可能性があるからです。無症状のうちに「がん」を早期に発見し、治療することでがんによる死亡のリスクを軽減することが大切です。

検診と健診

検診の目的は特定の病気を発見し、早期に治療を行うことです。具体的には、がん検診や糖尿病検診等があります。

健診の目的は健康かどうかを確認し、健康上の問題がなく、社会生活が正常に行えるかどうかを判断することです。
具体的には、学校健診や就職時の健診などがあります。

がん検診の注意事項

がん検診は完璧ではありません。
がん検診を受けることにより不利益を被ることもあります。

がん検診で100%がんが見つかるとは限らない。
如何に優れた検査でも、100%の精度ではありません。 がん細胞が発生した時点では検査結果として示されることはありません。がんとしてある一定の大きさになるまで検査で発見することはできません。その発見の可能性は、がんの種類や検査の精度によって異なります。さらに、がんの形状や、発生部位(見つけにくい場所)の違いによってある程度の見逃し(偽陰性)が発生してしまいます。
結果的に不必要な治療や検査を招く可能性があること
検診では、本来生命状態に影響しないような微小でその後も進行がんにはならない様ながんを見つける場合があります(過剰診断)。しかし、このようながんとその後悪影響を与える様ながんを区別することは困難です。こういった場合、悪影響を与えるがんであることを想定し、早期治療を重視するあまり、このようながんにも手術などの治療を行うことが考えられます。また、検診によってがんの疑いがあると判定されたにもかかわらず、精密検査を行った結果、がんが見つからない場合も多くあります(偽陽性)。
早期発見、早期治療を行うためには行うことですからある程度やむをえないことですが、結果的にみれば不必要な治療や検査が行われることがあります。

結果的に不必要な治療や検査を招く可能性があること

検診では、本来生命状態に影響しないような微小でその後も進行がんにはならない様ながんを見つける場合があります(過剰診断)。しかし、このようながんとその後悪影響を与える様ながんを区別することは困難です。こういった場合、悪影響を与えるがんであることを想定し、早期治療を重視するあまり、このようながんにも手術などの治療を行うことが考えられます。また、検診によってがんの疑いがあると判定されたにもかかわらず、精密検査を行った結果、がんが見つからない場合も多くあります(偽陽性)。

早期発見、早期治療を行うためには行うことですからある程度やむをえないことですが、結果的にみれば不必要な治療や検査が行われることがあります。

がん検診の効果

がん検診の効果の判定は日々行われています。 科学的な方法によって、がん死亡率の減少が認められた代表的な検診は、表に示すいくつかの検診です。

表 科学的根拠のあるがん検診

対象臓器 効果のある検診方法
胃X線
子宮頸部 細胞診
乳房 視触診とマンモグラフィ(乳房X線)の併用
胸部X線と喀痰(喫煙者のみ)の併用
大腸 便潜血検査、大腸内視鏡
肝臓 肝炎ウイルス・キャリア検査

がん検診の効果は発見率ではありません。
効果のあるがん検診かどうかを判断するのは、いかに多くのがんを発見するか(発見率)ではなく、がんを発見したことにより、「そのがんによる死亡率を減少させることが可能かどうか」が、判定の基準となります。

検査方法

「がん」はひと昔前であれば「不治の病」と言われてましたが、現在は検査技術・治療技術などの進歩によって早期発見で早期治療を行なえる病気になりました。また、「がん」の再発予防においても定期検査は欠かせません。

形態画像検査

形態画像検査は、腫瘍マーカー検査と併用されることが多く、様々な角度から臓器の「がん」細胞を発見していく検査です。
特にPET検査などは、腫瘍マーカー検査等他の検査と併用する事により臓器への再発・転移などが早期に発見でき定期的な検査には、欠かせません。

PET検査

ブドウ糖を大量に摂取するがん細胞の特性を活かし、腫瘍を発見する検査です。一度で全身の検査が行えるほか、痛みや不快感を伴うことなく、小さな「がん」も発見することができます。
PET仕組み

CT検査

主に眼窩(眉の下)から体幹部までの検査に適しています。喉頭がん、肺がん、肝がん、腎がんなどの検査に使用されます。
CT仕組み

MR検査

頭部や骨盤部を得意とします。頭部の検査においては脳腫瘍や脳萎縮、脳梗塞などの早期発見に役立ち、骨盤部では子宮がん、卵巣がん、前立腺がんなどを詳細に検査できます。
MR仕組み

マンモグラフィー検査

乳がんの早期発見に効果的な検査です。乳房専用のX線撮影装置を使用し、触診では見落とされがちな乳房内部の「がん」を発見できます。
マンモグラフィー仕組み

腫瘍マーカー検査

腫瘍マーカー検査は、血液だけでも30種類以上もの検査項目が存在します。
特定の腫瘍だけに現れるマーカーもあれば、複数の腫瘍で現れるマーカーもあます。
腫瘍マーカー検査では、「がん」以外の病気でも高くなる場合がある為あくまでも診断の判断材料にひとつです。
その為他の検査と組み合わせて実施することお薦めです。

腫瘍マーカ早見表



この記事を見た人はこの記事も見ています

がん再発予防 治療費 がんの不安

戦国武将とがん

書評