がん治療.com おすすめコンテンツ

心理状態の遷移
告知をされてから、がん患者の心理はどのように遷移するのか?
ストレス解消法
がん治療は大きなストレスとなりますが、自分に合ったストレス解消法を見つけることが大切です。
医師との付き合い方
がん治療するうえで、医師と上手に付き合っていくには?
  • がん治療.com コンテンツ一覧
  • がん治療.com 用語集

癌のストレス解消法

ストレスはがんの治療に影響を与えます。ストレスの度合いは、診断から治療経過の各段階によっても異なります。最初の診断のときには、心に痛手を受け落ち込んだとしても、がんと戦っていこうと気持ちを立て直すことができます。しかし、治療をしても再発に対する不安は続きますし、再発や転移した場合は、「治療法が見つからない」、「がんを抱えて生活しなければならい」といった心身のつらさや絶望感により大きなストレスにさらされることになります。

下記の取り組みを行うのがこのようなストレスの解消となります。しかし、これが絶対に正しいという解決法があるわけではないですし、完全に解消することは難しいです。自分に合ったストレス解消法を見つけることが大切です。

ストレス解消法

1.相談相手を持つ

患者本人、家族ともに様々な不安を抱えています。「一人で何とかしなければ」などと悩やむと、不安感が続きますので、身近な家族や友人に相談することが大切です。家族や友人は医療に詳しくはないかもしれませんが、病気に一緒に学んだり、お互いに不安を話し、分かり合うことでストレスが和らぎます。

2.患者会などで交流をする

患者会などで同じ境遇の患者さんとがんに対する悩みや体験を共有し、相談し合う中で、自分にとってより良い対処法が見つかることもあります。また、治った人の話を聞くことで、がんの治療も前向きにとらえられ、乗り切る力を得られます。

3.情報を得る

がんに対する情報を得ることで、不安が和らぎます。免疫療法などの最新の治療方法を知ることで、ストレスの原因となっている悩みの解決につながることがあります。また、がんの発生理由、治療法、その効果(完治する確率)や副作用のリスク、転移のリスクなど、医学的なことを知ることによって恐怖心が和らぐこともあるでしょう。

4.趣味を持つ

好きなことに没頭することで、病気以外のところに目を向けることができます。また、「好きなことをやっているという充実感によって、緊張感が緩まります。

5.運動療法

ストレッチや散歩といった簡単な運動でも構いません。適度な運動により、体も心も緊張感が緩まります。また、病状の進行によって様々な身体症状が出現するので、身体機能の維持や改善するための運動は大切です。

この記事を見た人はこの記事も見ています

がん再発予防 治療費 がんの不安

戦国武将とがん

書評

がんの種類